Guidelineデータマンガの作成ガイドライン

マンガ原稿サイズはこうしよう!

以下は一般的な原稿サイズの設定値です。
※ 掲載誌によって設定値が異なる場合があります。予め、担当の編集部様へご確認ください。

CLIP STUDIO PAINTの初期設定値

B4原稿

A4原稿

CLIP STUDIO PAINT以外での参考値

以下の数値を参考にして寸法を設定してください。

B4原稿

A4原稿

※PC版のサイトでは作画時に使える原稿ガイドをダウンロードできます。

~もっと詳しく~

①内枠(基本枠)

誌面レイアウトの基準となる範囲を示しています。

内枠に合わせてコマ枠を置く、大事な絵柄やネームは内枠の中に収める等によって、作品を通して統一性が生まれ読みやすさにつながります。

※当社では、内枠を基準にレイアウト配置しているため、コミックス化などの様々なサイズ変更にもスムーズに対応しています。

②断ち切り線(製本(仕上がり)サイズ)

製本する際に断裁される位置を示しています。

この線より外側は切り落とされ、実際の誌面には載りません。

欄外と呼ばれる柱やノンブルは、基本枠と断ち切りの間のスペースに置かれます。

③製版線

印刷に使う版の寸法です。「②断ち切り線」に「④ドブ幅」をプラスした大きさになります。

絵柄を断ち切り線まで載せたい場合は、この線を越えるように描いておいてください。

④ドブ(裁ち落とし幅)

断ち切り線から製版線までの予備スペースです。

断裁する際に「②断ち切り線」を基準にして数ミリの誤差が生じます。

あらかじめ3~6mm程度余分の絵柄で埋めることによって、白地の発生を予防できます。

⑤ノド側の断ち位置

ノド側はこの点線までしか誌面に載りません。

この点線からズレていると、絵柄過不足のリスクが生じます。


TOPに戻る