Equipment
introduction設備紹介

お客様に満足いただけるサービスを追究する上で、品質、色の再現性など高品質なサービスをご提供するため、
設備はもちろん、DTPなどにおける制作システムなども自社で開発しております。所有する設備の一部をご紹介いたします。

出力設備/RIP

  • 大判カラープリンター

    PX-H10000、PX8000(EPSON)

    高度な色再現力で対応できる大判プリンターです。

  • プルーファー

    PRIMOJET-XG(FFGS)

    RIPで作成された1bitデータを元に、大判インクジェットプリンタで校正紙を出力するシステムです。JapanColorを基準としたカラーマッチングを行っていますので、印刷に近い色味を確認できます。

  • プロダクションプリンター

    DocuColor 1450 GA(FUJI XEROX)

    プルーファーより小サイズ出力を目的としたプリンターです。出力速度も速く、時間を重視した業務にも対応出来ます。JapanColorを基準としたカラーマッチングを行っています。

  • プロダクションプリンター

    4112 Light Publisher(FUJI XEROX)

    マンガ出力のための、高画質プロダクションモノクロプリンターです。 メーカーと調整を行い、印刷物と同等の品質を提供することができます。

  • フィルムセッター

    GENASETT 6120(SCREEN)

    フィルム出力を目的としたイメージセッターです。フィルム出力の需要は年々、減少していますが、お客様の依頼に備え、現在も機器を稼動させています。

  • RIP

    Truefrow SE(SCREEN)

    圧倒的シェアを誇る定番のワークフローRIPです。Trueflowを通して各出力を行うことで、より印刷に近い結果を事前に確認することが出来ます。また、専用のデータ形式で印刷所に受け渡すことで、製版の結果は確実に印刷に再現されます。

DTP・制作用システム

  • デジタル検版ソフト

    Ken2pa!(GTB)

    様々な条件下で、データ同士を比較し、その差異を見つけることで、人間の検査業務と合わせ、より精度の高い品質検査を実施します。

  • モアレ処理システム

    (内製)

    マンガ作品におけるスクリーントーンは、条件によってモアレが発生する可能性があります。原稿データを弊社独自のシステムで処理することで、印刷時にモアレの発生を無くします。

  • 生産管理システム

    (内製)

    受注から納品まで、多様な各工程の作業計画を一元管理するため、弊社では独自に構築しました。業務にマッチしたシステムにより、無駄なく運用され、新たな業務に対しても柔軟な対応が可能となっています。

  • 電子書籍制作システム

    eBookMaker(内製)

    電書協準拠のEPUBを作成するためのアプリケーションです。複雑な記述や構造も、ドラッグ&ドロップと、数回のボタン操作で、簡単に目的のEPUBを作成することができます。

  • アプリケーション

    ・Adobe Illustrator
    CS5 / CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2017
    ・Adobe Photoshop
    CC2014
    ・Adobe InDesign
    CS5 / CS5.5 / CS6 / CC / CC2014 / CC2015 / CC2017
    ・Microsoft Office(Word/Excel/PowerPoint)

  • フォント

    モリサワやフォントワークスなど、各種フォントに対応。
    ※安全のためすべてのフォントのアウトライン化前・後、両方のデータの入稿をお願いしております。

    FUTABAフォント

    マンガ作成において必要な書体を厳選し、見本帳を用意しております。それぞれの書体に、略称を設定してあります。級数と合わせて御指定ください。

    FUTABAフォント一覧


TOPに戻る